Startup World Cup 2018 Launches 去年に引き続き、今年もスタートアップワールドカップを開催いたします。スタートアップワールドカップは優勝投資賞金約1億円をかけて競い合う世界最大級のスタートアップピッチ/ビジネスプランコンテスト・カンファレンスです。世界30以上の国・地域から選ばれたトップの起業家がスタートアップのメッカと呼ばれる米国シリコンバレーで世界一の座に挑みます。

昨年度のスタートアップワールドカップでは、ロボットやIoTを活用した園児の見守りサービスなどを手掛ける日本代表のユニファ株式会社が世界一の称号を手にし、約1億円の投資賞金を獲得しました。第2位は3Dプリンターを使用した義手を開発する英国のOpen Bionics社、第3位にはオンデマンド家事サポートシステムを提供するインドネシアのAhlijasa社が選出されました。2017年度は世界中から1万社以上のスタートアップが世界15地域の予選に応募しました。
スタートアップワールドカップ2018では、海外の投資家からの資金調達やグローバルでのサービス展開を目指すスタートアップからのご応募をお待ちしています。業界や規模は問わず、シード段階からアドバンスドラウンドの全てのスタートアップの応募を受け付けています。スタートアップワールドカップ2018地域予選の応募はこちらをご覧ください。

日本地域予選は、2017年10月18日(水)にアドテック東京との共催で東京国際フォーラムで開催する予定です。全応募企業の中から書類選考で選ばれたスタートアップ10社が日本地域予選に登壇し、その中から勝ち残った1社がサンフランシスコで行われる決勝大会に日本代表として出場します。スタートアップワールドカップでは、優勝投資賞金約1億円をはじめ、世界の投資家からの資金調達のチャンス、企業・著名人とのネットワーク構築やグローバルでの知名度アップなどの魅力的な特典がございます。

2017年度の日本代表で、世界チャンピオンにも輝いたユニファ株式会社の土岐社長は以下のように述べています。「スタートアップワールドカップが私の人生を変えました。参加したことで、世界中の人たちに我々のサービスを知ってもらうことができました。ビジネス開発と資金調達の面での影響が非常に大きいです。スタートアップワールドカップは、世界進出を目指すスタートアップと起業家に大きな成長の機会を提供するので、ぜひとも多くの日本のスタートアップに挑戦してもらいたいと思っています。」

2017年度のスタートアップワールドカップでは、アップルの共同創業者スティーブ・ウォズニアック氏を始めとし、レディットの共同創始者アレクシス・オハニアン氏、元アップルのエバンジェリストであるガイ・カワサキ氏、世界トップのベンチャーキャピタルであるクライナー・パーキンスのエリック・フェン氏、Y コンビネーターのケビン・ヘイル氏、テックスターズ創業者のデビット・コーエン氏などの著名人にスピーカー、審査員として登壇いただきました。2018年度のグランドフィナーレも豪華なメンバーを揃え、2018年5月にサンフランシスコで開催予定です。スポンサーまたはパートナーに関するお問い合わせは、西村(nishimura@fenoxvc.com)までご連絡ください。

オリジナルのプレスリリースについてはこちらをご覧ください。