ANIS_Keynote at Startup Asia (1)
Fenox Venture Capital共同代表パートナー&CEOのアニス・ウッザマンは、Startup Asia Tokyo 2014にて基調講演を行いました。Startup Asia Tokyo 2014は、世界中の起業家、投資家、テック業界関係者が集まるアジア最大級のカンファレンスで、これまでシンガポール、ジャカルタにて行われてきました。初の日本開催となる今回、アニスは日本における東南アジアの重要性についてプレゼンテーションを行いました。

また、Fenox Venture Capitalのブースでは、Fenox VCがアジア圏のスタートアップへ提供するサービスについて紹介しました。シリコンバレーを拠点としながら、国境を越えた市場展開に豊富な経験を有するFenox VCは、インドネシア、シンガポール、日本といったアジア諸国においても人脈を有し、スタートアップのアジア・北米展開をサポートしています。

イベントの終了後には、YCombinator、500Startups、NTTドコモベンチャーズ、グロービス・キャピタル・パートナーズ、East Ventures等のエグゼクティブをはじめとした方々を招いた、Fenox VC主催のVIPレセプションパーティーをを開催しました。

Fenox VCは、アジアにおけるスタートアップエコシステムの発展に貢献すると共に、アジアとシリコンバレーの架け橋になれればと考えております。アニスの基調講演をはじめとした当イベントへの参加は、Fenox VCのそのような考えをアジアのスタートアップ関係者と共有する良い機会となりました。