Book

Fenox Venture Capitalは、同社共同代表パートナー&CEOのアニス・ウッザマンの二冊目の著書『世界の投資家は、日本企業の何を見ているのか?』の出版を記念してトークイベントを開催しました。

本著は、学生時代に日本で学び、現在も日本のベンチャー企業への投資や、世界の最新ベンチャー動向の紹介を通じて日本と世界の架け橋として積極的に活動する著者が、日本企業の活性化や、日本経済全体のさらなる発展を願って執筆しました。日本国内の起業文化が盛り上がる中、世界における相対的地位の低下や、諸外国と比較して新興企業の育成が進まない日本の現状を検証し、企業内イノベーションや海外展開といった解決策を提案しています。

出版記念イベントは、品川の日本マイクロソフトセミナールームにて実施し、200名の方にご参加いただきました。アニスによる本の紹介に続き、スタートアップやイノベーションに関するテーマでパネルディスカッションを実施しました。パネルのテーマと登壇者は下記の通りです。
第一部:スタートアップとのコラボレーションによる、大企業のイノベーション促進
<パネリスト>
インフォテリア株式会社 代表取締役社長/CEO 平野 洋一郎 氏
テラモーターズ株式会社 代表取締役 徳重 徹 氏
日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 砂金 信一郎 氏
<モデレーター>
早稲田大学ビジネススクール准教授 樋原 伸彦 氏

第二部:日本においてスタートアップ/イノベーションブームはバブルで終わってしまうのか?
<パネリスト>
日本戦略情報機構(シンガポール法人)CEO 田村 耕太郎 氏
株式会社サムライインキュベート 代表取締役 / CEO 榊原 健太郎 氏
経済産業省 経済産業政策局 新規産業室 新規事業調整官 石井 芳明 氏
アクセンチュア株式会社 チーフ マーケティング イノベーター 加治 慶光 氏

イベントの様子は、下記の動画でご覧いただけます。

『世界の投資家は、日本企業の何を見ているのか?』リンク
http://www.amazon.co.jp/dp/4046013737
http://books.rakuten.co.jp/rb/13346606/