MindMeld at Startup World Cup 2017米国時間5月11日、世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社であるCiscoが、弊社のポートフォリオ企業であるMindMeldをおよそ1.25億ドルで買収すると発表しました。2011年に設立されたMindMeldは、クラウドベースのサービスを使って企業の対話型インターフェース構築を支援しています。

当初はExpect Labsと名乗っていた同社は、TechCrunch Disrupt SF 2012のステージ上でデビューしました。設立当時は、ユーザーの会話を聞き取って関連する情報を提供するiPad用アプリを作ろうとしていました。その後事業を拡大し、構文解析、言語認識などのAPIを提供するようになりました。

MindMeldはこれまでに、Fenox Venture Capital、IDG Ventures、Greylock Partners、Bessemer Venture Partners、Intel Capitalなどから1540万ドルを調達してきました。対話型AIは、スタートアップの買収において今後も注目を集める分野となりそうです。

詳細はこちらをご覧ください。