Affectiva's systems can glean a user's emotional responses by analyzing their facial expressions.グローバルベンチャーキャピタル企業であるFenox VCは、Affectivaへの投資を完了いたしました。Affectivaは、デジタル動画で映し出される顔の表情から人々の気分を読み取ることができる感情認識技術を開発しています。 Affectivaは、MIT Media Labのスピンアウトとして設立されました。現在Emotion Artificial Intelligenceのパイオニアとして成長し、数十億データポイントを活用するため、75カ国以上にわたり4000万人の顔を分析してきました。開発者はAffectivaの感情認識SDKを使用して、自分のアプリやサービスに感情検出と分析機能を追加し、人間の感情にリアルタイムで適応することがサービスを提供できるようになります。

Fenox VCのゼネラルパートナーであるAnis Uzzamanは”Affectivaは、特にヘルスケア、ロボット、教育の分野で、感情AIが技術の新しい領域を形成している”と語りました。Fenox VCは、Affectivaが人間の感情に適応する技術の創出をサポートできることをを嬉しく思ってます。 投資家として他にも著名なKPCB、Li Ka-shingのHorizons Ventures、Myrian Capital、WPPなどが出資しています。

詳しいプレスリリースについてはこちらをご覧ください。