geniee

Fenox Venture Capitalは、純広告やDSP(デマンドサイドプラットフォーム)、Ad Exchangeを通じたリアルタイム入札、複数のアドネットワーク、アフィリエイト広告、といった広告の効果を最大化させる広告配信を可能とする広告サプライヤーである株式会社ジーニー(Geniee,Inc.)に投資を致しました。 ジーニーのオンライン・プラットフォームは広告のリアルタイムビッディング入札を提供し、オークション形式の広告のインプレッション売買を容易にします。リアルタイムビッディング入札により広告主は特定の地域への広告配信が可能となります。ジーニーの提供するプラットフォームではターゲット型広告の利用も可能で、適切な地域及びに購買層へ広告を提供する事ができます。また、同様の効果を得るための人件費よりもコストを抑える事ができ。かつ時間の削減にも繋がります。 ジーニーは既にシンガポール、インドネシア、ベトナムに展開している他、ジョイント・ベンチャーをタイやマレーシアにも設立しています。そして、2016年末には中国やインド、台湾にも進出をしようとして計画しています。 詳細はこちらから確認できます。