moneyforwardFenox Venture Capitalは、マネーフォワードへ他の出資者とともに総額6億円の投資を行いました。共同出資者は、三井物産、三菱UFJ信託銀行、山口フィナンシャルグループ、東邦銀行です。このほか前半ラウンドの出資者は、住信SBIネット銀行、静岡銀行となります。

マネーフォワードは、個人向けの自動家計簿・資産管理サービスや中小企業向けクラウドサービスを提供しています。日本国内にてフィンテックへの注目が集まる中、国内の最有力プレーヤーのひとつであるマネーフォワードには、国内にとどまらず海外での展開を期待できる可能性を見出しています。
米国、東南アジア、ヨーロッパでのグローバルネットワークを活用したスタートアップの海外展開支援に強みを持つFenox VCは、今回の出資を契機に、マネーフォワードがその幅広いサービスをもって、今後海外展開を検討していくにあたり、サポートをしてまいります。

本投資の詳細は、下記プレスリリースをご覧ください。
http://corp.moneyforward.com/aboutus/20151021-ymfg-toho/