Startup World Cup Winner 2017年3月24日(金)にサンフランシスコで開催された、Fenox Venture Capitalが主催するスタートアップピッチコンテスト「Startup World Cup 2017」決勝戦において、日本代表のユニファ株式会社が世界王者の座を射止めました。

日本予選でも審査員を務めた堀江貴文氏の紹介で登場したユニファ株式会社の土岐社長は、Apple共同創業者スティーブ・ウォズニアック氏、Reddit共同創始者アレクシス・オハニアン氏、SharkTankのデイモンド・ジョン氏の他、Y Combinatorのマネジングパートナー、Techstars創業者、クライナーパーキンスのジェネラル・パートナー等、世界から集まった著名人や約1,500人の観客の前で、英語でのプレゼンテーションと質疑応答を行ないました。大きなプレッシャーに打ち勝ち、世界各地域選りすぐりの代表スタートアップとの競い合いを勝ち抜いたことは、日本にとって喜ばしいニュースといえます。

優勝したユニファ株式会社は、投資賞金約1億円を得ると同時に、世界の著名な投資家、ベンチャーキャピタル、世界の大手企業重役との繋がりを得て、世界進出に向けた足がかりを掴むことができました。このニュースで、世界から日本のスタートアップ業界がさらに注目を浴びる追い風となることが期待されます。なおユニファ株式会社は、4月に「Startup World Cup 2017」優勝記者会見を控えています。

ユニファ株式会社の土岐社長は以下のように述べています。「日本のスタートアップを代表してこれだけ多くの世界的な投資家の前でプレゼンし、アピールできたことに大変感謝しています。この場をきっかけに、将来的な海外展開を視野に入れて事業活動に邁進してまいりたいと考えています。」

「Startup World Cup 2017」決勝戦に進出したその他のスタートアップ企業は以下のとおりです。各地域政府もサンフランシスコの会場まで応援に駆けつける等、大きな期待に後押しされた各地域代表たちが優勝を競い合う決勝戦となりました。

優勝企業:Unifa  (日本)
第2位: Open Bionics (イギリス)
第3位:Ahlijasa (インドネシア)

下記、決勝大会出場のファイナリスト

Open Bionics (イギリス)
Entropix (シリコンバレー, USA)
Fitly(SmartPlate) (ボストン, USA)
SnappyScreen (ニューヨーク, USA)
3DPrinterOS (テキサス, USA)
Crysp (インド)
Light & Data Technology (中国)
Ahlijasa (インドネシア)
Jarvish (台湾)
LiveCare (韓国)
Epsilon(Digitsole) (ルクセンバーグ)
Delvv. io (南アフリカ)
ShipVio (チェコ共和国)
Uprise (オーストラリア)

*順不同

弊社共同代表パートナー兼CEO アニス・ウッザマンは、「英語の壁を乗り越えて世界No.1のサービスであることを証明した日本代表ユニファの優勝を心よりお祝いします。Fenox VCとしては、Startup World Cupというスタートアップ業界のグローバルプラットフォームを提供できたことを嬉しく思います。」と述べています。

詳しいプレスリリースについて こちらをご覧ください。