Fenox Venture Capitalは、バングラデシュのスタートアップ育成を支援するため、Founder Instituteとの共同プログラムを立ち上げました。Founder Instituteは、起業家養成・スタートアップ立ち上げサポートを提供する最大のプログラムです。今回の提携により、モバイルアプリ、デジタルヘルス、企業向けソフトウェア等様々な分野において、スタートアップを立ち上げる起業家の支援をして行きます。

Fenox VCとFounder Instituteは、3ヵ月半に及ぶ集中プログラムを通じて、意欲的な起業家の事業支援、ネットワーク拡大機会の提供を行うことに加え、最優秀スタートアップに対しては、プログラム修了時にFenox VCより15,000ドルの投資を行うことでさらなる成長を支援します。プログラムは2015年2月17日より開始予定で、既に参加枠の75%が埋まりました。最優秀スタートアップの表彰及びFenox VCによる投資実行は2015年5月に公表予定です。

Fenox VCとFounder Instituteは、世界の新興市場におけるテクノロジー分野の起業家へ貢献したいと強く考えています。現在、両社はシリコンバレーに拠点を置く投資家の中でバングラデシュに深く関与している稀有な存在です。Fenox VC共同代表パートナー&CEOのアニス・ウッザマンは、「我々はバングラデシュの人々の、起業家としての潜在的能力を信じている」と語りました。アニスはまた、Founder Instituteと共同での取組みについて「バングラデシュの起業家支援に向けて力を合わせる素晴らしい機会」と語っています。Founder Instituteのアデオ・レッシCEOはFenox VCについて「我々のプログラム修了後も卒業生のスタートアップを力強く支援していくことのできる経験豊富なパートナー」と称賛しました。

本発表は、Fenox VCがバングラデシュのスタートアップ向けに立ち上げた200億ドルの新ファンド発表直後に行われました。2015年5月の結果発表を楽しみにお待ち下さい。