ASUS Fund この度、Fenox Venture Capital (以下 Fenox VC) は、2016年の世界PC出荷台数ランキング(Gartnerより)で米Appleをおさえ世界第4位となったPC・モバイルメーカー 台湾ASUSTeK Computer(以下 ASUS) ASUSTek Computer, とともに、約55億円のベンチャー投資ファンドを設立いたしました。

Fenox VCは、ASUSの戦略に見合った先端技術を保有するベンチャー企業を発掘して両者の橋渡しの役割を担います。ASUSはFenox VCとのパートナーシップを通じて、世界の最高峰ベンチャー企業へアクセスし、ASUSの持つ技術・ノウハウ・ネットワークとの相乗効果で共に成長していくことを目指します。

家庭用ソーシャルロボットZenboをデザインしたことでも有名なASUSの社長Jonney Shih氏は次のように述べています。「顧客の満足度を向上させるための最先端技術の導入を考えた時、適切なグローバルパートナーを見つけることが課題でした。Fenox VCは、アジアのビジネス文化を深く理解している上、北米やヨーロッパにも大きなネットワークを持っています。我々のビジネスを拡大するには最適なパートナーだと判断しました。」

Fenox VCの共同代表パートナー兼CEOのAnis Uzzamanは次のように述べています。「我々Fenox VCは、世界トップクラスの大手企業とベンチャー企業とをつなげる大切な役を担っていると考えています。世界を股にかけたドラスティックな支援を行い、ASUSとベンチャー企業の双方にとって有益なコラボレーションを組んでいければと思います。本ファンドを通じてASUSと共に投資活動ができることを心より嬉しく思います。」

世界中のトップベンチャー企業の多くは、確固たる技術力やデザイン力、優れた顧客サポートなどを持つ、アジア展開に相応しいパートナーを探しています。ASUSは世界的に有名なPC・モバイルメーカーとして、ベンチャー企業の成長に貢献できる人材や設備の提供に加え巨大なネットワークの提供を通じて、知的財産(IP)の保護を念頭に、世界のベンチャー企業のアジア進出を支援します。

この約55億円のファンドがターゲットとする投資分野は、世界中のAI、AR/VR、Big Data、IoT、Roboticsなどの最先端技術です。Fenox VCは既に日本国内において、ASUSと同様にグローバルレベルなビジネス展開を目指す15社以上の大手企業と提携し、CVC運用を行っており、今後もグローバルイノベーションを求める世界中の大手企業とベンチャー企業の橋渡しを担います。

ASUSについて
ASUSは台湾を拠点に世界中にPC、ハードウェア、その他コンシューマーエレクトロニクスを製造販売する1989年創業の会社です。世界トップシェアを誇るノートブック販売や、ZenFoneシリーズなど新しいモバイルトレンド開拓、IoTデバイスやロボット技術、AR/VR関連製品の開発を行っています。
2015年と2016年にはフォーチューン誌にて、「世界で最も賞賛される企業」として選出されました。イノベーション推進と製品サービスの質を要とするASUSは、4,385の賞を受賞し、2016年の売上はUSD 13.3 billionを記録しました。詳細については、こちらをご覧ください。