Book

セミナーではFenox Venture CapitalのCEOであるアニス・ウッザマンとY Combinatorのケビン・ヘイル氏から、どうすれば日本の大手企業がシリコンバレーで成長できるかについてディスカッションが行われました。セミナーではパネル・ディスカッションに加え、シリコンバレーで働くとはどういう事かについて話し合われ、日本経済新聞社の小林氏は、シリコンバレーに進出している企業の戦略について説明されていました。イベントでは大手企業やスタートアップ企業、学生といったイノベーションに関わる人々がシリコンバレーで起こっているイノベーションについての議論を交わしました。また、アニス・ウッザマンによる最新の著書「世界の投資家は日本企業の何を見ているのか」が各参加者に1冊無料で配布され、その本にあるシリコンバレーをどう活用するかというトピックについて著書であるアニス・ウッザマンが説明を行いました。

詳細に関しては、こちらをご覧ください。