belazee-rep

国際的なベンチャー・キャピタルであるFenox Venture Capitalは東南アジアのユーザーのどんなお願いにも対応する会話型コマースサービスを展開するBelazeeに投資を致しました。BelazeeはSMSベースのサービスから始まりましたが、現在では完全なEコマース・プラットフォームへと成長しているうえ、サービス内容もフード・デリバリーから納税申告までと多岐にわたります。Belazeeは2015年4月に創業しており、現在ではシンガポール、フィリピン、ベトナム、ブルネイ、オーストラリアにまでサービスを展開しています。

Fenox Venture Capitalの共同代表パートナーであるアニス・ウッザマンは「Belazeeは東南アジア諸国でオンデマンドのコンシェルジュ・ビジネスを率いる存在となっています。Belazeeが今後成長していくのをサポートできる事を嬉しく思います」と述べています。なお、Belazeeへの投資はDeNAとRIMUグループとの合同投資となります。

詳細はこちらからご覧ください