Pina-Hirano1インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、証券コード:3853、以下、インフォテリア) 代表取締役社長、平野洋一郎氏がFenox VCのアドバイザーに2016年5月13日付で就任することが決定しました。
※Fenox VCには現在3名のアドバイザーが所属。アドバイザー会議(四半期毎に開催)への参加や、投資先の選定時においては各アドバイザーの専門的な知見に基づいた助言も行うなど、Fenox VCの成長をサポートしています。平野氏がアドバイザーに参画することで、FenoxVCのアドバイザーは4名になる予定です。

■ アドバイザー就任の背景
インフォテリアの平野氏は、1998年にインフォテリア株式会社を創業し、2007年に東京証券取引所で上場を果たしました。2016年3月までMIJS (Made In Japan Software)コンソーシアムの理事長を務め、2016年4月より国内初のブロックチェーン推進協会「BCCC」の理事長に就任しています。Fenox VCは米国シリコンバレーに拠点を置き、またシリコンバレーのVCとして最多となる世界7つの拠点を北米、欧州、アジアに持ち、これまで世界中で65以上のスタートアップ企業に投資を実施しています。加えて、日本の大手企業15社に、シリコンバレーの最新技術に関する情報や見識を提供し、既存および新規事業においてビジネス展開を支援しています。

<平野氏のコメント>
「Fenox VCはすでに数多くの日本のスタートアップ企業に投資を実施しています。例えば、テラモーターズ、マネーフォワード、メタップス、エボラブルアジア、ZUU、Geniee、FiNCなどの日本のトップベンチャー企業にも投資し、彼らのグローバル戦略をサポートしています。また、シリコンバレーのトップスタートアップやその最新技術トレンドと日本の大手企業を結びつけて新しい市場を開拓するなどの重要な役割も担っています。そのようなFenox VCの優れたチームのアドバイザーに着任できることを嬉しく思い、Fenox VCが関わるスタートアップ企業にも貢献していきたいと考えています。」

<Fenox VCの共同代表パートナー兼CEO アニス・ウッザマンのコメント>
「私たちはグローバルな取り組みの一環として、日本のスタートアップを支援するために、200億円規模のファンドを運営していますが、実際に2015年だけで国内のスタートアップに約24億円を投資しました。平野氏の参画によって、日本のスタートアップ業界へのさらなるコミットメントを示すと同時に、国内大手企業のイノベーションを効果的な方法で促進できると考えています。Fenox VCは、平野氏との連携により、日本のスタートアップの世界進出を強力に支援すると同時に、国内大手企業によるシリコンバレーの最新テクノロジーへのアクセスを実現し、ビジネスのグローバル展開と日本のイノベーションを促進していきます。」(アニスは2014年6月にインフォテリアの社外取締役に就任し現任)

詳しいプレスリリースについてはこちらをご覧ください。