IoT

Fenox Venture Capital 共同代表パートナー&CEOのアニス・ウッザマンは、Tech In Asia Tokyo 2015で、「日本におけるIoT:未来は今か?」と題したパネルディスカッションのモデレーターを務めました。IoTのエキスパートとして招かれ、小笠原治氏 (株式会社ABBALab 代表取締役) と砂金信一郎氏 (日本マイクロソフト株式会社 オーディエンステクニカルエバンジェリズム部 部長) と共に、世界中のIoT事例や日本における可能性(日本はハードウェアまわりに優秀な人材が多いので、優位性のある分野ではないか)といったことについて議論しました。

イベントの様子は、下記の画像をご覧ください。