Bloomberg Japan主催のイベントで、Fenox Venture Capital 共同代表パートナー&CEOのアニス・ウッザマンが、日本の大手企業の経営層100名に向けて、世界の最新トレンドについて講演しました。今回の講演では、現在最も注目度の高い、IoT、ヘルスケアIT、ロボティクス、ビッグデータの領域について、シリコンバレーの最新トレンドや、シリコンバレーと日本のトレンドの捉え方の違いついて説明しました。

技術トレンドの移り変わりの早い現代では、いち早くそのトレンドに則り技術・サービスを開発することが重要です。日本企業がトレンドに乗り生き残るためには、イノベーションの採用が不可欠であり、今後トレンドとなる技術ドメインやその活用方法について言及しました。

講演の様子をZUUonlineで紹介していただきました。
http://zuuonline.com/archives/69711