Fenox VCは、Y-combinatorの2013年夏学期出身のRegalii、Meta、Butter Systems、音楽関連企業(社名非公開)の4社への投資を決定しました。各企業の成長ポテンシャル、Fenox VCの投資戦略への適合度の高さが投資判断の決め手となりました。

Fenox VCでは、これらの企業をポートフォリオの中に迎えられたことを大変嬉しく思っており、今後の戦略及びオペレーション面での支援に尽力してまいります。
Regaliiは、国際送金のための決済プラットフォームを提供しています。このサービスは、SMSを利用することにより、ラテンアメリカに住む家族への国際送金の簡易化・安全化を可能にしています。当社は既に、8ヵ国7200店舗の小売店と契約を交わしており、SMSから送金を受けた家族は、Regaliiのクレジットを利用してこれらの契約小売店で日用品等を受け取ることが出来ます。Regaliiは、Fenox VCの持つ新興市場へのコネクション等を活用して、送金ネットワークを拡大させる見通しです。

Metaは、バーチャルとリアルの世界を融合させるための、仮想現実技術を用いたGoogle Glassに匹敵するバーチャルグラスを開発しています。視覚ディスプレイ・画像・小型コンピュータの技術によって、ユーザーは現実の手の動作等から、グラスを通して見ることができる仮想物体を動かしたり、創造することができます。またその物体を3Dプリントのプロトタイプとして使用することも可能になっております。当社の特筆すべきチームメンバーとして、スティーブ フェイナーが挙げられます。フェイナー氏は、拡張現実の専門家であり、コロンビア大学コンピュータサイエンスの教授として広く認知されています。Metaは、LarkやgTarと同様に素晴らしい電子技術を持つスタートアップとして、Fenox VCのポートフォリオに加わっています。
 

Buttersystemsは、既存の紙ベースのレストランメニューを代替するタブレットベースのメニューシステムを提供しています。顧客はレストランで紙のメニューを見なくとも、ButterSystemsの提供するデジタルメニューを利用することで自由に好きなモノを注文できるようなります。このタブレットを活用したメニューシステムを導入することにより、レストランでは飲み物やデザートの注文数の増加し、結果としてテーブル単価の向上することが期待されます。同サービスを通して、レストランの顧客満足度の向上、売り上げの促進が可能となります。

 
上記3社に加え、音楽関連スタートアップ1社へも投資を行いましたが、現時点では社名を非公開としております。同社は、Fenox VCの投資先である音楽関連企業(Y-combinator出身)とパートナーシップを組んでおり、今後の更なる成長が期待されます。

Fenox VCでは、これらの企業をポートフォリオに迎えられたことを大変嬉しく思っており、今後の戦略及びオペレーション面での支援に尽力してまいります。